性行為中のカップルの写真

性行為中に中だしされてしまった場合などに避妊薬のトリキュラーを72時間以内に服用することで、望まない妊娠を高い確率で防ぐことが可能です。避妊薬トリキュラーの効果と服用方法についてご紹介します。

ゲスターゲン療法による避妊は保険適用なのか

避妊目的でも使用されるゲスターゲン療法とは、ピルとして認知されており、
生理周期が乱れていて、排卵が正常に行われない方に対して使用されています。
排卵が規則的に行われる場合には、黄体ホルモンが正常量分泌されています。
ですが、黄体ホルモンの分泌量が減少や自律神経の乱れ等の原因によって、
排卵がうまく行われずに生理周期が乱れてしまう場合があります。
ゲスターゲン療法では、注射や内服薬の 2種類の治療法があります。
ゲスターゲンとは、黄体ホルモンのことを指し、この避妊療法によって卵子の排卵に関係なく、
黄体ホルモンの作用を受けて意図的に月経を誘発させる事を目的としています。
そのため、この療法では乱れていた生理周期を正常に戻し、
規則正しいホルモン分泌作用を起こす作用を得る事が出来ます。
ゲスターゲン療法を行う際の保険適用は1部に限られています。
この療法内容は、何種類かありますが1種類を除き、他は保険適用外になります。
保険適用外での療法を受けた場合には全額負担となるため、
避妊を受ける際には、保険適用内外を確認し、自分が適用内外のどちらを行うのか判断をする必要があります。
殆どのクリニックや病院では、細かなカウンセリングを受ける事ができ、この段階で大まかな避妊の治療を受ける流れや、使用する薬剤の種類を選ぶ事が可能です。
また、ゲスターゲン療法の種類を指定して医師に伝える事で、
自分の避妊目的に合っているのか医師の判断を聞く事ができ、
目的に一番近い方法を最短で提案してもらう事もできます。
また、吐き気や頭痛などの副作用も人によっては出る事があるので、使用した事のあるピルがあれば、その名前と使用した時期を医師に伝える事も大切です。