性行為中のカップルの写真

性行為中に中だしされてしまった場合などに避妊薬のトリキュラーを72時間以内に服用することで、望まない妊娠を高い確率で防ぐことが可能です。避妊薬トリキュラーの効果と服用方法についてご紹介します。

胆汁性肝硬変などの肝障害と避妊薬ノルレボ

肝臓は人体のなかでも重要な臓器のひとつですが、そのなかには胆汁とよばれる消化液をつくるというはたらきが挙げられます。
肝臓でつくられた胆汁は、体内の胆管とよばれる細い管を通って運ばれることになりますが、これがなんらかの原因で詰まったり壊れたりすると、胆汁が周囲ににじみ出すなどの障害があらわれます。
こうした肝障害にはいくつか種類がありますが、たとえば原発性胆汁性肝硬変は、自己免疫反応が原因であるとされています。
この原発性胆汁性肝硬変は国の難病指定を受けているため、医療費などの助成が受けられる場合があります。
また、肝障害のなかには、原発性胆汁性肝硬変などのほかにも、特定の薬物が原因となって起こるものがあります。
そのひとつに経口避妊薬を長期間にわたって服用しつづけたことが挙げられます。
経口避妊薬というのは、毎日計画的に飲み続けることによって、なかに含まれている卵胞ホルモン、黄体ホルモンの力によって、避妊の効果が発揮されるというものです。
現在流通しているものは、低用量ピルとよばれ、基本的にホルモンの含有量はかつてよりも少なくなっていますので、あまり副作用はないのですが、それでも肝障害などには注意しなければなりません。
経口避妊薬のなかには、ノルレボ錠のように、緊急避妊目的で使われるものもあります。
ノルレボ錠は、他の方法で避妊に失敗してしまったときなどに、事後的に避妊をする目的で、性行為をしたあとで一度きりで飲むというものです。
ノルレボ錠の場合には、継続的な服用ではありませんので、あまり副作用は心配ししなくてもよいとみられますが、肝臓病の人は正しく医師にそのことを伝える必要があるとともに、重い肝臓病のある人については使用できないこともあります。