性行為中のカップルの写真

性行為中に中だしされてしまった場合などに避妊薬のトリキュラーを72時間以内に服用することで、望まない妊娠を高い確率で防ぐことが可能です。避妊薬トリキュラーの効果と服用方法についてご紹介します。

膣外射精による避妊は体調によっても失敗することが

膣外射精という避妊法は特別な道具も必要なく、行うことができるので多くの人が用いている方法の一つとなります。
特に結婚をしているカップルなどの場合、今すぐに子供は欲しくなけれどもできた時はそれはそれでいいといった場合、性行為中の快感を損ねることがないので好まれやすい方法となっています。

しかし、絶対に妊娠したくないといった場合には非常にリスクが大きな避妊方法であり、リスクを考えると避妊とは呼べない方法となっています。
膣外射精が避妊とならない理由としてはいくつかありますが、完全に射精をコントロールするということが難しいという点にあります。
男性の体調などによっても、射精のタイミングというのは変わってくるので本人が膣外に出したと思っていても、少量の精液が膣内に漏れてしまうというケースは少なくありません。

理屈としては膣内に精液が入らなければ、妊娠をすることはありませんから膣外射精であっても膣内に精液を漏らすことがなければ妊娠をすることはありません。
ところが、現実的には本当に膣内で漏らすことがなかったかどうかということは、はっきりと分かるものではなく気付かない内に漏れてしまったということは多いのです。
また、一度射精をした後に再度性行為を続ける場合、その前に射精をした際の精液が尿道などに残っていてそれが二回目以降の性行為の際に膣内に漏れ出してしまって妊娠をしてしまうという可能性もあります。

そのため、理屈としては妊娠をすることはなくても完全に射精をコントロールすることは難しく、膣外に射精したつもりが膣内にも射精をしていたということが多いため、絶対に避妊を避けたいと考えた場合には避妊法と呼べないものとなっています。