性行為中のカップルの写真

性行為中に中だしされてしまった場合などに避妊薬のトリキュラーを72時間以内に服用することで、望まない妊娠を高い確率で防ぐことが可能です。避妊薬トリキュラーの効果と服用方法についてご紹介します。

避妊薬が原因となる頭痛

経口避妊薬は、一般的には「ピル」という名称で出まわっていますが、これは口から摂り入れることによって、避妊という効果を発揮することができる、女性にとってはたいへん便利な医薬品です。ただし、通常は医師の処方箋がなければ入手できないこととなっていますので、薬局、ドラッグストアの店頭で制限なしに購入できるような、ありふれた胃薬や目薬のようなものとは違って、産婦人科などに行ってしっかりとした診察を受けてから、医師に処方箋を書いてもらうということになります。
この経口避妊薬は、生理の周期のはじめから、毎日1錠をなるべく決まった時間帯に飲むという行為をつづけることにより効果があらわれるものです。経口避妊薬を使ってから数日や1週間、2週間程度のあいだは、多くの女性が頭痛、吐き気、下腹部痛などといった症状を知覚することがあります。これは実は経口避妊薬による副作用の一種で、内容として含まれている卵胞ホルモンなどの作用によって、体内におけるホルモンバランスが一時的に変化したことが原因となっています。そのため、数週間にわたる連続服用の結果として、身体にある程度の慣れが生まれれば、こうした頭痛などの副作用の症状は改善されることがほとんどです。
かつては中用量、高用量とよばれる経口避妊薬が主流であり、このような副作用もひんぱんに見られたものですが、現在では経口避妊薬といえばほとんどが低用量のものですので、副作用の程度は以前よりは緩和されています。この低用量、中用量、高用量の違いですが、経口避妊薬の錠剤に含まれる卵胞ホルモンの量の違いによるもので、1錠あたり50マイクログラムを基準にして、50マイクログラムジャストのものが中用量、それよりも多い、または少ないものが、それぞれ高用量、低用量となっています。