性行為中のカップルの写真

性行為中に中だしされてしまった場合などに避妊薬のトリキュラーを72時間以内に服用することで、望まない妊娠を高い確率で防ぐことが可能です。避妊薬トリキュラーの効果と服用方法についてご紹介します。

避妊薬トリキュラーについて説明する女性のイラスト

避妊薬トリキュラーを常備して妊娠対策

避妊薬を使用することで妊娠対策が取れる、というのは何となく不思議に思えるかもしれませんが、実はそうでもありません。
そもそも避妊薬であるピルには、妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが配合されています。これを体内に取り入れることで、脳は身体が妊娠したと勘違いし、排卵の停止を命令します。排卵を停止するということは、子宮に対する休息を意味しており、休息を取ることの出来る子宮は状態を回復することが出来るのです。実際、子宮内膜症などの治療にもトリキュラーが使われることもあるほどです。また服用するシートによって生理の周期を管理するのですから、定期的な生理周期を手に入れることが出来、仮に服用を中止した後も周期は安定しやすいとされています。生理周期が安定すれば良質な排卵を期待することが出来、妊娠をしやすい身体作りを目指すことも出来ます。
つまり避妊薬であるトリキュラーを服用することで、避妊以外にも子宮の回復、定期的な生理周期を期待することが出来、いざ妊娠したいと考えた時に、すでに対策を取りいれている状態になっていると考えられます。
トリキュラーは女性本来のホルモンバランスの変化に対応した3段階の配合なので、比較的副作用の少ない低用量ピルの1つであるとされています。また女性の身体はホルモンの影響を受けやすく、身体的にも精神的にも何かしらの症状が出やすいデリケートな身体と言えます。トリキュラーは避妊の効果や妊娠の対策だけでなく、ホルモンバランスを整える作用もあるので、月経前症候群等に悩む人にも症状を改善する効果を期待することが出来ます。常備して服用することで生活の向上と未来の対策を取ることが出来るのならば、良い薬であると言えるかもしれません。